将来住みたい家を作るメリットを知って夢のマイホーム

人気エリアにある別荘

金額や価格の傾向について

別荘の金額や価格の傾向について簡単に説明します。まず、価格ですが別荘を建てる場所や大きさによっても異なります。また、広さによっても異なります。人気の軽井沢での不動産屋が販売している物件では、中古物件の場合、20から30坪の場合、2000から3000万円くらいが相場となっています。また、もう少し広いところで3000から5000万円くらいとなっています。最近は、団塊世代の方の定年後の住まいとしたり、セカンドハウスとして購入するケースもあり、バブル崩壊後、不動産価格も下がっていたのですが、ここ数年、購入者も増えているため、上がっています。今後も値上がりすると予測されます。これは、軽井沢以外の那須や熱海などの別荘地でも同様です。

これまでの歴史や変遷

別荘の不動産は、古くからありました。昔は別業とも言われ、平安時代では、天皇や皇族の邸宅を都の郊外の風情豊かな町においていました。今の宇治や嵯峨野、白河などに建てていました。別荘が不動産として盛んに持たれてた時代は、バブル期です。軽井沢が有名な別荘地として不動産の投資目的や自分たちの別荘として購入されていました。しかし、バブル崩壊後、リーマンショックなどもあり、手放す人も増えました。現在は、中古物件として不動産やにて販売されています。中には、なかなか売れず廃墟となっている場所もあります。しかし、人気の場所は、根強い支持層に恵まれ、中古物件でも次から次へと空きもなく、すぐに売れています。このため、別荘は、なくなるこたなく成長し続けています。